マネーボール

理論で、野球そのものを変えた。
確かに、変えたかもしれない。でも、本質はどうだ?

moneyball1.jpg

元プロ野球選手で短気な性格のビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は、アスレチックスの
ゼネラルマネージャーに就任する。チームはワールド・チャンピオンになるには程遠い状態で、
優秀な選手は雇えない貧乏球団だった。あるとき、ピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)
というデータ分析にたけた人物との出会いをきっかけに、「マネーボール理論」を作り上げる。
しかし、「マネーボール理論」に対し選手や監督からは反発を受けてしまい……。
moneyball2.jpg

現代の仕事事情は、徹底的な理論主義であろう。
野球にも導入しておかしくなかったが、やはり、その道のプロが嫌うわけは
理解できる。
人間など、半端な生き物だ。理論を通そうとすれば、反発し、
感情や人間的本能だけでは、潰れてしまう。
moneyball3.jpg

理論ははいてもいいだろう。
でも人間であるべし。僕は、どちらかというと、9割は人間的感情に
左右される人間である。理論を振りかざしているほうが持たない。
moneyball4.jpg

理論は、数字的間違いはない。だが、冷たい。
楽しむための、仕事には、情が必要だ。が、情に流され過ぎも
人間を壊す。
主人公も、理論づくめで、本当の野球の楽しさがここにあったのか?

程よく、混合が、一番いいのか。
でも、一番わかってないのは、ありもしない理論だけの押しつけだ。


 キャスト:☆☆☆☆★
ストーリー:☆☆☆☆
  知名度:☆☆☆★

2011年 アメリカ
監督:ベネット・ミラー
主演:ブラッド・ピット ジョナ・ヒル
スポンサーサイト

テーマ : ただの日記(無料の日記・・・ではアリマセン)
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴろ

Author:ぴろ
ぴろの日々の徒然・・・
映画・山形美味いもの・自作料理・友人・その他日記を掲載します。
いつでも里親募集中


旅行なら楽天トラベル

フリーエリア

ジオターゲティング

B級グルメ ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる