90近いおじいさんの話。

とある日、90近いおじいさんの家に訪問に行った。
90歳といえど、まだまだ元気である。耳も遠くないしぼけてもない。

話をしているうちに、こんなことを言った…

大正という時代は、貧乏は貧乏でも自殺なんてする人はいなかった。
金持ちだって、質素に生きたものだ。
米なんて今みたいに粘りけが無く、雑穀や古い外米を食っていた。

俺らなど、握り飯一つに味噌付けて、焼いて包んだのが弁当だった。
今の人にゃ、想像もつかんだろう…
耐えるということを知らないもの、だから自殺が増えるのだともう。

いじめも、あれはお互いに悪いのだ。
いじめる方はそりゃ悪いが、いじめられる方も、言うところが無いし
やられっぱなし。
学校も、保身のためにいじめたほうをかばっている。

おかしな世の中になったものだ。
一番の原因?

そりゃ、政治が悪いんだろうなぁ。やっぱり、政治家が悪いんじゃがな…

深みのある、ごもっともな話。
現代っ子の僕には、柔柔な傷を受けやすい心で、大けが状態のまま、
生活してるのでしょうね。昔の人のように、鋼の鎧にまとった心が欲しい…

249671_363627427050870_76965324_n.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

画像 関係ないのでは・・・・

お巡りさーーーん こっちでーーーす

クランコさんへ
ひぇwwww
たすけてぇー。
プロフィール

ぴろ

Author:ぴろ
ぴろの日々の徒然・・・
映画・山形美味いもの・自作料理・友人・その他日記を掲載します。
いつでも里親募集中


旅行なら楽天トラベル

フリーエリア

ジオターゲティング

B級グルメ ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる