大倉山だぜ!北海道。


次の日。
オバ夫妻に連れて行ってもらったのは、ここ、大倉山。
スキーのジャンプで有名です。

しかし、風が冷たい!
P1010425.jpg

天気がいいからとても景色がいい。
P1010426.jpg

表彰台で、オバ一家。
パパは一番を譲らず!!
P1010430.jpg

一番先に、オバの奥様と優芯君。
二番目に、オバと歩華ちゃん。
そして、オンリーおいら。
P1010432.jpg

こえぇぇぇぇぇーーーー!!

P1010435.jpg

優芯君は、高いところ平気みたいだ。
双眼鏡を見たくて、離さない。
P1010437.jpg

この景色は凄いと思う。
しかし、ジャンプの選手って、怖くないのかね?
P1010436.jpg

さて、この降りる方が、下が見えて怖い…
P1010439.jpg

優芯君、オバのこわがる姿を見て、喜ぶ。
人の不幸は蜜の味ってか(笑)
パパの不幸は、楽しいらしい。。。

スポンサーサイト

テーマ : おじさんの独り言
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジャンプ台は何年か前に昇りましたが景色が最高ですよね~

しかし、ぴろさん北海道エンジョイしてますね!
羨ましいな~

No title

ゴジラさんへ
イヤー、北海道の景色は抜群です。
持つべき友は、北海道ですね。

No title

子供の頃、70m級ジャンプ台を上から見たことがあります。
雪がある状態でです。
それでさえビビリまくりました。
今の大きなジャンプ台ならもっとビビリるでしょう。

No title

ぴろさん、跳んでこなかったのですか(笑)。

No title

kuroさんへ
かなりビビりますよー、風景が高すぎます。
また、さむいーー!

あきにゃんさんへ
ご冗談を。おいらが飛んだら、K点を越えちゃいます。
いろんな意味で。

No title

書き忘れました。
ぴろさんが昇ったのはエレベーターでしょ。
僕が子供の頃は、選手も重いスーを担いで徒歩で登ったんです。
勿論僕はスキーを担いだまま下って来ました。
ボーゲンだって滑り降りられる斜度じゃありませんでした。
あ、ジャンプ台から降りるって事じゃないですよ、山の斜面です。
小学6年生の冬、青森県での事でした。

>持つべき友は、北海道ですね。
そろそろ毛蟹と、イクラでハチキレそうな鮭が山ほど届く頃ですかねぇ~。
持つべき友は、新庄ですね。
では、ぴろさんの家集合ってことで、煽ちゃんとあきにゃんさんが酒は持参します。
僕は鶏卵だけ持参します。
毎週金曜日はLサイズの卵が98円です。
今日僕は既に5個食べました。

No title

訂正
誤・重いスー → 正・重いスキー
わざわざ書かなくても分かりますよね。
完璧主義なもんで。

No title

kuroさんへ
エレベーターとは、上下する箱?ですよね。
エスカレーターとリフトで上りました!
スキー、OKです。

いやいや、そんなごちそうは、送られてくるはずはありませんよー。
プロフィール

ぴろ

Author:ぴろ
ぴろの日々の徒然・・・
映画・山形美味いもの・自作料理・友人・その他日記を掲載します。
いつでも里親募集中


旅行なら楽天トラベル

フリーエリア

ジオターゲティング

B級グルメ ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる