セクレタリアト

1973年にアメリカで3冠を獲得した競走馬セクレタリアトの馬主ヘレン・チェナリー
の半生をダイアン・レイン主演で映画化した伝記ドラマ。

secretariat_1.jpg

アメリカ競馬史上最強馬と言われる。美しい赤毛から「ビッグ・レッド」と親しまれ、
1973年のケンタッキーダービー、プリークネスステークス、ベルモントステークスの
三大レースを全て勝利で飾る。後方から追い上げて軽やかに抜き去る走り方は優雅で、
なおかつレコードも凄まじい。実際の映像を見ると、あまりの強さに唖然とする。
走りだけで感動を呼び起こす。
Secretariat_2.jpg

日本でも、強すぎる馬は数多くいた。
オグリキャップ、シンボリルドルフ、トウカイテイオー、ナリタブライアン、ディープインパクト
オルフェーブル…
しかし、アメリカには、不動の最強馬がいる。それが、この「セクレタリアト」
その子供も、活躍馬が多くいる。
Secretariat_3.jpg

競走馬は、走らなきゃわからない。
どんなにエリートでも、負ける時がある。
そう、僕らも同じ、走ってみなきゃわからないこともある。
Secretariat_4.jpg

競馬好きには、嬉しい映画だ。

 キャスト:☆☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆
  知名度:☆☆☆★

2010年アメリカ
監督:ランダル・ウォレス
主演:ダイアン・レイン ジョン・マルコヴィッチ
スポンサーサイト

テーマ : (・∀・)ららーん
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴろ

Author:ぴろ
ぴろの日々の徒然・・・
映画・山形美味いもの・自作料理・友人・その他日記を掲載します。
いつでも里親募集中


旅行なら楽天トラベル

フリーエリア

ジオターゲティング

B級グルメ ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる