進路。

18の時、学生という立場と社会人という立場を選択されたときに、
素直に、社会の荒波に飛び込めなくて、学生になり、そのまた2年後にも
同じく学生になる。

22歳にして、ようやく決心し働くも、自分自身の迷いや不安や葛藤に潰されて、
結局は路頭に迷いこむ。

全ては「縁」だけだった。
全てを失いかけたところで、結局救いの手を差し伸べられたかと思いきや、
それも、処刑台の階段を上らせる手だったのかも。

そして、もう、自分の足で立たねばいけないはずの時期のはずが、
全く地に根も生えてない浮き草で、水面を漂い、ただ、風に押し流されている。

一度は、夢も見るが、目が覚めれば現実に。
箔をつけるつもりが、固くなったのは頭だけ。


全てを脱ぎされるには、どこに行けばいいのだろうか。
僕の心を、正直に出すことのできる場所はどこに。

ただ一つ言えるのは、どこかで会った仲間や苦労を分かち合った仲間
友人とも「縁」があったから今こうして楽しくできるのだろう。
会うことも、決められた「運命」だったのかも。

「笑顔で会える仲間」は大切だ。でも、別れもあれば、疎遠になることもある。
それはそれで受け入れていくしかないのだろう。また、会った時に、
笑顔で会えれば、それでいい。
ooshima1.jpg

「縁」や「運命」は、いつもここにある。
僕が進むべきところは、チョットしたきっかけの「縁」なのだろう。
そういう風が吹くから、そう流れる。

根無し草だから、そう流れる…。
スポンサーサイト

テーマ : 髪よ、見捨てられましたか?
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

人はそーやって歳だけは取ってゆく
俺もそんなもんだ
だがひとつ言えるとしたら世界に一人しかいない
自分を誇れ 自分の決めたことなら勝つもよし負けて尚よし
ぐらいの気持ちで前に進もうぜ

さて昔おにゃんこから去ったよーに アケビからも去ろうとしている
しかしアケビの集金方法には嫌気がさす
あんなに金使うんならキャパ行った方がいいんでね
秋元ウハウハが瞼に浮かぶ

クランコさんへ
僕も、がんばります!!
ダラダラと年を取り、初めてクランコさんと会った時からすれば、
だいぶ年も取りましたが…
気持ちはあの時のままです。
プロフィール

ぴろ

Author:ぴろ
ぴろの日々の徒然・・・
映画・山形美味いもの・自作料理・友人・その他日記を掲載します。
いつでも里親募集中


旅行なら楽天トラベル

フリーエリア

ジオターゲティング

B級グルメ ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる