県庁おもてなし課

高知県庁に実在する「おもてなし課」を舞台に、職員たちが高知の観光振興のためひた
走る姿を描くもの。
公務員が楽だとか、給料泥棒だとかいわれる時代だが、本当はとても大変だと
いうことを皆さん知らないだけだのよ。
omotenashika1.jpg

観光の促進を円滑にするために高知県庁は「おもてなし課」を設立。
若手職員・掛水(錦戸亮)を中心としたメンバーたちが何をすべきかわ
からず困惑していると、地元出身の作家・吉門(高良健吾)から役所気質
と民間感覚のズレを痛烈に批判される。発奮した掛水は柔軟な発想力を
持つアルバイトの多紀(堀北真希)と共に、本当のおもてなしを見つけ
出すべく奔走する。
omotenashika2.jpg

この話は、どんなところにも言えると思う。
どれだけ、その人のためになるか、人にできることがあるか、
それを考えていくのが、人としてのスタンスだと思う。
omotenashika3.jpg

おもてなし。
最近、見直されている言葉とは思うが。
僕としては、忘れつつあった言葉というほかない。
もっと、若い人だけでない、中年層でも気づかねばならない言葉。
自分だけの考えになってないか。
omotenashika4.jpg

なんとなく、自分を思う立たせる映画と思う。
堀北真希がかわいい。。。

 キャスト:☆☆☆★
ストーリー:☆☆☆☆
  知名度:☆☆☆☆★

2013年 日本
監督:三宅喜重
主演:錦戸亮 堀北真希
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

おっ!梅ちゃん!&サスペンスの帝王!
って、それだけです。スマン!

kuroさん
ふふふ・・・
kuroさん、他のブログでも豪快にコメントしてますね。
調子の良い兆候です。

このテンションは作ったものです。
本当はかなり落ち込んだままです。
他人と接する場合はテンションを高くするように、自分で作った性格です。
仕事をするにあたって、自分の性格を作り変える必要性を感じました。
もし、ぴろさんが意欲に溢れ、その上司が後ろ向きだったら、ぴろさんはどう思うでしょうか。
そんな理由で無理してしまうのです。

退職して9年、今でも仕事の夢をみます。
もがき苦しんでいる夢です。
自分に満足している人って、多分いないのではないでしょうか。
満足しているのであれば、余程鈍感な人か、自信過剰の人でしょう。

kuroさんへ
そうですか・・・しかし、そうやって保てている分、
力があるのでしょう。
僕も、かなり、落ちてました。最近、だいぶ受け入れ
られるようになったと思います。
プロフィール

ぴろ

Author:ぴろ
ぴろの日々の徒然・・・
映画・山形美味いもの・自作料理・友人・その他日記を掲載します。
いつでも里親募集中


旅行なら楽天トラベル

フリーエリア

ジオターゲティング

B級グルメ ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる