小さいおうち

この年になると、昔の良いことばかり思い出す。
良くも悪くも、美化して…
ouchi1.jpg

健史(妻夫木聡)の親類であった、タキ(倍賞千恵子)が残した大学ノート。それは晩年の
彼女がつづっていた自叙伝であった。昭和11年、田舎から出てきた若き日のタキ(黒木華)
は、東京の外れに赤い三角屋根の小さくてモダンな屋敷を構える平井家のお手伝いさんとし
て働く。そこには、主人である雅樹(片岡孝太郎)と美しい年下の妻・時子(松たか子)、
二人の間に生まれた男の子が暮らしていた。穏やかな彼らの生活を見つめていたタキだが、
板倉(吉岡秀隆)という青年に時子の心が揺れていることに気付く。
ouchi2.jpg

昔の思い出を、自叙伝に。
そんな孫の一言から、物語が始まる。そして、タキの思いが人と人をまたつなぎ合わせ…
ouchi3.jpg

不倫はいけないことだ。そして、昔の愛だの恋だのということがあまり重要視されない時代、
そんな時代にあった、本当の恋。
松たか子の演出が光る。
ouchi4.jpg

タキ、いかにも昔の女中みたいな顔と演技。凄かったです。
ouchi5.jpg

この映画、映画館で見ましたが、オイラの他、客は65歳以上のおじさんおばさんでした。
わかる気がします。

 キャスト:☆☆☆☆★
ストーリー:☆☆☆☆★
  知名度:☆☆☆☆

2014年 日本
監督:山田洋次 
主演:松たか子 黒木華
スポンサーサイト

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴろ

Author:ぴろ
ぴろの日々の徒然・・・
映画・山形美味いもの・自作料理・友人・その他日記を掲載します。
いつでも里親募集中


旅行なら楽天トラベル

フリーエリア

ジオターゲティング

B級グルメ ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる